医療法人社団 横浜ベイクリニック,美容外科/形成外科 ,わきが,二重まぶた,脱毛,しわ,鼻,カーボメッド,メディカルエステ,植毛,胸,ピアス,入れ墨除去,黒子,ケロイド

診療案内

ヒトプラセンタエキス 療法

【 Placenta(胎盤)治療分類 】
プラセンタエキス 療法


当院では老化、美白、しみに対して行っています。
※効果に関しては診察でお聞き下さい
その他(肝炎・肝硬変、更年期障害、乳汁分泌障害、リウマチ、喘息、花粉症、腰痛肩こりなどの不定愁訴、貧血、冷え性、虚弱体質、体質改善、糖尿病など)


外用

スキンケアーとして 外用のみ
(イオン導入併用の場合あり)

内服

痛みが無い ラエンネック(逆輸入)ー厚生労働省未承認薬品、処方でのみ
皮下注射 痛み強い
(成分調整できないため)

・ラエンネック
・メルスモン
静脈注射
当院独自の成分調整をしていますので注入時の痛みは無し
3アンプル注入可、他のビタミン剤など併用できる
点滴注射 5アンプルまで入れることが出来る
あとは静脈注射に準ずる
局所注射 気になる顔の部位へ直接注射 目の下のクマ、ニキビ、にきび跡、しわなど


〜 プラセンタの安全性 〜 

●当院で使用しているプラセンタエキス注射は日本の病院において、正常分娩で生まれたヒトの胎盤より作られています。

●健康な(エイズや肝炎などをもたない)母体の胎盤のみを原料として加熱する為、全ての微生物(ウィルスや細菌)は死滅します。

●胎盤には血液やホルモンが豊富に含まれますが、それらは100%製造過程で除去される為、注射液中には血液・ホルモンは全く含まれません。ヒトの胎盤を用いる為、狂牛病の危険は全くありません。

●最近、初めて劇症肝炎が報告されていますが、プラセンタの確証は無いようです。他の重大な副作用(感染症、ショック等)は一例も報告されていません。
軽微な副作用としては以下が挙げられますが、いずれもすぐ治り、その後は身体全体が軽くなり調子が良くなります。

 ・吐き気、全身倦怠感(ごくまれで半日ぐらいで回復)
  皮下注射の場合?
 ・注射部位の発赤、疼痛(1〜2日で回復)
 ・注射部位の上肢のだるさ、重たい感じ(半日ぐらいで回復)


〜 注射後の注意事項 〜

●副作用が非常に少ない注射のため、普段どおりの生活で問題ありません。
●入浴、運動、飲酒等は過度でなければ問題はありません。
  

●喫煙される方は是非、禁煙なさる事をおすすめします。せっかく良い注射をしても、体に害のあるものを入れては効果が減少してしまいます。


     【 通院の目安は以下の表をご参照下さい】 

疾患名 薬理作用 通院期間 通院頻度
肝炎・肝硬変 強肝・解毒作用 1年 重症度に応じて週1〜3回
医師の指示に従って下さい
更年期障害
生理不順
内分泌調整作用 3ヶ月 週1〜2回
乳汁分泌不全 乳汁分泌促進作用 3ヶ月 週1〜2回
リウマチ 抗炎症作用 1年 週1回、重症の方は週2回
喘息・花粉症 抗アレルギー作用 半年 週1回、重症の方は週2回
腰痛・肩こりなど
(不定愁訴)
自律神経調整作用 1〜2ヶ月 週1〜2回
老化・美白・しみ 活性酸素除去作用 任意 週1〜2回
貧血・冷え性 造血及び血行促進作用 1〜2ヶ月 週1〜2回
虚弱体質・体質改善 免疫賦活作用 1〜2ヶ月 任意
糖尿病 基礎代謝促進作用 半年 週1回


※当院では静脈注射と点滴は成分調整をしていますので、針を刺す痛み以外はありません。血管痛は生じません。ただし、皮下注射か筋肉注射希望では調整はされていませんのでご了承ください。

  資料請求