医療法人社団 横浜ベイクリニック,美容外科/形成外科 ,わきが,二重まぶた,脱毛,しわ,鼻,カーボメッド,メディカルエステ,植毛,胸,ピアス,入れ墨除去,黒子,ケロイド

診療案内

BOTOX ボトックス(ボツリヌス毒素) 療法

BOTOXの適応について

■ 前額部のしわ

■ 眉間のしわ

■ 目尻のしわ

■ その他
 鼻背のしわ
 鼻尖の汗
 鼻翼の皮脂
 下顎のしわ(梅干し)

ボトックス適応部位


BOTOXについて 

原理:骨格筋弛緩薬
   末梢神経接合部における神経伝達を阻害し、筋弛緩作用を発現する。

・シワは筋肉が収縮して、その直角方向に出来るものです。筋肉が収縮がなければシワは出来ません。

・眉の場合...
  瞼にタルミがあると、おでこにBOTOX注入でシワは消えます。
 その際、 瞼が重くなることがありますので診察でお尋ねください。
  (まぶたのタルミをとると、どちらも改善します。)


次の方は受けないで下さい!!
※全身性の神経筋接合部障害 ※妊婦 ※授乳中の方 ※本剤過敏症

本剤投与後、抗体産生により耐性が生じた場合には、投与を中止します

        ボトックスビスタ   ビスタケース


厚生労働省承認薬「ボトックスビスタ」について 】  
当院では厚労省承認薬の「ボトックスビスタ」の正規輸入品を使用しておりますのでご安心して治療をお申し込み下さい。


注射後の注意事項 
@注射後、4時間位は横にならないで下さい。
A必ず、1〜2週間後の診察を受けて下さい。
B注射を受けて最終結果が出るには、2〜3日目から出はじめて、1〜2週間位かかります。
 効果は3ヶ月〜6ヶ月以上あります。1年くらい継続する場合もあります。
C効果がある間は、筋肉の収縮が出来なくなります。筋肉に廃用性萎縮が生じますので、この効果が失われても2回目以降の注射では効果が大きく出ることが多くあります。



副作用の可能性:筋弛緩薬、筋弛緩作用を有する薬剤の作用を強めます。

 1)重大な副作用の可能性
   過敏症・重篤な角膜出血・持続性上皮欠損・角膜潰瘍・角膜穿孔・
   外国にて剥奪性皮膚炎

 2)その他の副作用の可能性
   閉眼不全・眼瞼下垂・複視・注射部ひきつれ感・白血球減少・血小板減少など・・


予約、資料請求