医療法人社団 横浜ベイクリニック,美容外科/形成外科 ,わきが,二重まぶた,脱毛,しわ,鼻,カーボメッド,メディカルエステ,植毛,胸,ピアス,入れ墨除去,黒子,ケロイド

診療案内

外傷について ちょっとした「ケガ」などでもお気軽にご相談下さい♪

【けがをされた時の対処方法】

当院受診を希望される場合は...
1)直接来る前に当院へご連絡下さい。
完全予約制のため、すぐに対応する事ができません。(手術中などのこともありますので、来院できる時間など確認の上起こし下さい)
2)当院が休診日または医師が不在の場合、出先など遠方の場合は救急処置が出来る病医院で処置を受けていただき、当院が診察できる日に早めに受診されて下さい。
3)眼科などを受診され、眼科的な処置は終了または問題が無い時に、顔面などの縫合処置が必要になった場合は、当院へ連絡後に保険証と紹介状をお持ちになってご来院下さい。
4)他病医院で処置を受けてから1週間を越えずに、出来れば翌日にはご来院下さい。日が空いてしまうと糸の縫い痕が残ってしまいます。
傷跡になってからの修正は健康保険対象にはなりません。


のけがなどで診療希望の方へ(とくに近隣の患者様へ)】
顔面等の外傷を受けた場合、当院で診察をお受けしていますが、外傷が大きい場合(脳外科や眼科的な問題がある場合など)、休診日または深夜の場合は救急病院などで初期の処置を受けて下さい。
その際、形成外科医の処置でなかった場合は翌日までに当院またはお近くの形成外科を受診して下さい。場合により、縫い直しが出来る事もあり、出来なくてもよりきれいにする処置は可能です。時間が経ってからの処置では対応出来なくなる可能性があります。
特に7日以上経過してからの抜糸では糸の縫い跡が残ってしまします。

尚、数週間が経ち傷跡となると健康保険の治療対象でなくなり、自由診療の治療になります。
再切開をして縫合し治しになることが多くあります。
⇒ 以下は救急
病院で処置をされ数週間後に来院し、段差や糸の跡が残っているために再手術をした時の記録です。糸やステプラーの跡は消せませんが、せめて段差の改善と引き攣れの改善目的で手術になった患者様です。
同じような事になる方が少しでも無いようにという事で、本人に了解の上で医師会報にも報告させて頂いた写真です。左側の写真は縫合糸の痕が残っているのが解ります。右側は縫合直後の写真です。処置後2日以内に来院され、再縫合すれば改善した可能性はあります。
初期治療できちんと形成外科処置が成されていれば、必要の無い手術です。

絹糸縫合後
左:救急病院で絹糸で縫合され段差と1週間以上抜糸をしなかった為、糸の跡が残っておりました。右:段差を切り取り、引き攣れをとるW皮弁形成術のデザインと術後(眉から額にかけて)
ステプラー縫合後 左:脳外科にてステプラーで縫合され、ステプラーの縫合跡はすでに消す事は出来ません。せめて段差だけは改善したいと手術になった直前と直後です。縫合した糸が見えますでしょうか。形成外科で使う糸です(左の眉の外側)


予約、資料請求        資料請求