医療法人社団 横浜ベイクリニック,美容外科/形成外科 ,わきが,二重まぶた,脱毛,しわ,鼻,カーボメッド,メディカルエステ,植毛,胸,ピアス,入れ墨除去,黒子,ケロイド

診療案内

ゼニカルの痩身効果!!


《ゼニカルとは何ですか?》
ゼニカルは著しい肥満の方の体重コントロールの為の医薬品です。高血圧・高コレステロール・高血糖値を改善するのにも有効。
その為医師の処方箋が必要になります。
この薬は食欲を抑制するのではなく、体内の脂肪吸収に焦点をあてています。食事脂肪は大きな分子で、体内に吸収される際には脂肪分解酵素(リパーゼ)により分解される必要があります。食事と摂取することにより、ゼニカルはこれらの酵素の働きを妨害します。食事で摂取された脂肪の約30%が消化されず、体は余分なカロリーを脂肪組織に変えたり、エネルギー源として使えなくなります。この作用が、減量や体重増加を最小限にとどめるのを助けます。
 

ゼニカルの原理
「さよなら
ダイエット」シェルドン・リバインより

《ゼニカルはいつ服用するの?》

1日3回、食事毎に1カプセル、食事中または食後1時間以内に水と一緒に飲みます。飲み忘れた場合には、次の食事時に通常の1カプセルを飲んで下さい。※決して2回分まとめて服用しない
脂肪を全く含まない食事の場合は、服用する必要はありません。

            ゼニカルのパッケージ
※※ ゼニカルを服用する時の注意事項 ※※ 

● 妊娠中や妊娠の予定のある方は服用しないで下さい。
  また母乳に影響があるかは不明のため授乳時も避けて下さい。
●他に服用されている薬がある場合は、必ず医師にご相談下さい。
  通常よく処方される薬に影響するという事はありません。しかし脂質低下治療薬には、ゼニカルにより効果が強くなるものもありますので、その場合は薬の用量を調節する必要があります。
●ゼニカルは、βカロチンやビタミンEの吸収を減少させますので、果物や野菜を中心としたバランスの良い食事を取るようにして下さい。
●最適な効果を得る為に、チョコレート、スナック菓子等の脂肪を含む食べ物は控えましょう。


《ゼニカルには副作用はありますか??》
副作用のほとんどは、消化器系の局所作用によるものです。
よくみられる副作用は、
 ◎突然のあるいは頻繁な便意
 ◎排泄物を伴うおなら
 ◎油っぽい排泄物や脂肪性の便

一般的にこれらの症状は治療開始時にみられ、短期間で症状はなくなります。特に脂肪を多く含む食事をした後によくみられます。もし症状に不安があれば診察にお越しください。



ゼニカルによるビタミン不足への対策
ゼニカルの服用で理論上の可能性として、脂肪がブロックされる事で本来その脂肪に分解されるはずのビタミン(ビタミンA、D、E、Kとベータカロチンなど)も共に失われる可能性があります。ゼニカル服用に際しては必ず上記のサプリメントで摂る事をおすすめします。食事で摂る事も可能ですが、診察でご確認下さい。

《いつ治療は終わりますか?》
ゼニカルは長期治療に最適とされてされています。
服用開始から2週間程で体重が減り始め、それが6ヶ月〜12ヶ月続きます。高血圧・高コレステロールの改善は1ヶ月程でみられるようになります。そのまま継続されるかどうかは、医師にご相談下さい。


費用はこちら 

予約、資料請求        資料請求